rinearn

Advanced Development Versions - 先行開発版


In this page, advanced development versions (ADVs) of our software are distributed. The ADV is a version which is now under development, isn't a official release version. ADVs are distributed for practical test of usability of new features of software, or unreleased software itself (e.g. beta-version). On the ADVs, you can use the newest features/software before the official release. However, please note that features of ADVs may not be stable, may contain bugs, or specifications of them may drastically change on next versions or official-releases.

ここでは、各ソフトウェアの先行開発版(Advanced Development Version, ADV)を公開しています。 先行開発版は、開発途中のエディションであり、正式リリース版ではありません。 先行開発版は、ソフトウェアの新機能や、未公開のソフトウェアそのもの(ベータ版など)の実用性を検証するために公開されています。 先行開発版では、正式リリース版での新機能サポートよりも先行して、最新の機能をお試し頂けます。 ただし、先行開発版は安定板では無いため、機能にバグが残ってしまっていたり(逆にバグ修正のためのパッチ等を公開する事もあります)、 仕様が次のエディションや正式リリース版において大幅に変更されたりする可能性があります。 あらかじめご了承ください。

※ ダウンロードしたZIPファイルを展開する際に「 問題を引き起こす可能性のあるファイルが~ 」などのエラーメッセージが表示され、 展開が中止されてしまう場合があります(Webからダウンロードしたプログラム類に反応するようです)。 その場合は、ZIPファイルを右クリックして「プロパティ」を選択し、 プロパティの画面の下にあるセキュリティ項目の「許可する」にチェックを入れて、「OK」で閉じてください。 その後、再びZIPファイルを展開すると、今度は正常に全て展開できるはずです。

* Note: The extraction of the downloaded ZIP file may stop with security warning messages (e.g. " ~ potentially harmful"). It may be caused by that the security feature of the OS on your PC detects batch (.bat) files contained in this ZIP file as "potentially harmful", because batch files can execute OS commands. In that case, to extract, right-click the ZIP file and choose "Properties" from the menu, and enable "Unblock" checkbox at the right-bottom (in the line of "Security") of the properties-window. Then try extracting the ZIP file again.

Index of ADVs currently distributed - 現在公開中の先行開発版 一覧

RINEARN Graph 3D - リニアングラフ3D

» Official release version - 正式リリース版はこちら

[最新版] Ver. ADV-20200213-X0-JA / 日本語版 (Japanese Edition) [2020/02/13]
「 グラデーション 」オプションにおいて、彩色をなめらかにする補間処理を無効化できるようになりました。
[最新版] Ver. ADV-20200204-X0-JA / 日本語版 (Japanese Edition) [2020/02/04]
等高線の高さと完全に同じ面/辺がある場合などに、異なる等高線間を繋ぐ奇妙な尖った三角形が描画される場合がある問題を修正しました。 また、等高線の描画アルゴリズムを一部改善し、特定ケースの描画精度が少し向上しました。 詳細はダウンロード・展開した中の「 お読みください_ReadMe.txt 」をご参照ください。
Ver. ADV-20200109-X4-JA / 日本語版 (Japanese Edition) [2020/01/09]
グラフの角度に応じて、各辺の目盛りの表示/非表示を自動で切り替える処理のアルゴリズムを改善しました。 また、直前の先行開発版 ADV-20200108-X2-JA で実装した、目盛り線を内向きに描画する設定において、 背面の辺(枠の奥側の辺)にも線を描画するかどうかを選択可能になりました。
Ver. ADV-20200108-X2-JA / 日本語版 (Japanese Edition) [2020/01/08]
点プロットにおいて、記号文字のマーカーを使用可能になりました。また、目盛りの線を枠の内側に描画できるようになりました。 その他、設定パラメータ名の整理(※旧名も引き続き利用可能です)など、いくつかの細かい調整を加えています。 加えて、直前の先行開発版 ADV-20191118-X0-JA において、曲面プロット有効時に等高線/メッシュプロットを重ね描きした際、本来は視認性のために線の色が白 or 黒になるべきですが、ならなくなっていたバグを修正しました。
Ver. ADV-20191118-X0-JA / 日本語版 (Japanese Edition) [2019/11/18]
4列のデータファイルのデフォルト読み込み書式(AUTO指定時)を、試験的に「4-COLUMNS書式」に変更しました。 また、同書式の使用時において、4列目の値に応じたグラデーション彩色が行えるようになりました。 その他、設定パラメータ名の整理(※旧名も引き続き利用可能です)など、いくつかの細かい調整を加えています。
Ver. ADV-20191103-X0-JA / 日本語版 (Japanese Edition) [2019/11/03]
VCSSLでの制御用の「 tool.Graph3D 」APIライブラリにおいて、設定ファイルと同様の書式で、文字列の設定コードを指定できる setGraph3DConfigurationCode(int graphID, string code) 関数をサポートしました。 また、目盛り設定条件などによっては、平面化(Flat)オプション有効時に、座標軸の一部が微妙に太く描画される場合がある挙動を修正しました。
Ver. ADV-20190831-X2-JA / 日本語版 (Japanese Edition) [2019/08/31]
VCSSLおよびJava言語用APIにおいて、カメラ設定関連の関数/メソッドを追加しました。また、グラフの回転アニメーションを行うVCSSLスクリプトを同梱しました。

RINEARN Graph 2D - リニアングラフ2D

» Official release version - 正式リリース版はこちら

[最新版] Ver. ADV-20191103-X0-JA / 日本語版 (Japanese Edition) [2019/11/03]
VCSSLでの制御用の「 tool.Graph2D 」APIライブラリにおいて、設定ファイルと同様の書式で、文字列の設定コードを指定できる setGraph2DConfigurationCode(int graphID, string code) 関数をサポートしました。

VCSSL

[最新版] Ver. ADV-20191103-X0-JA / 日本語版 (Japanese Edition) [2019/11/03]
グラフ制御用の「 tool.Graph2D 」および「 tool.Graph3D 」APIライブラリにおいて、設定ファイルと同様の書式で、文字列の設定コードを指定できる setGraph2D(または3D)ConfigurationCode(int graphID, string code) 関数をサポートしました。

RINPn ( RINEARN Processor nano )

[最新版] Ver. 0.2.4 (Beta 4) with Vnano 0.2.8 / 日本語版 (Japanese Edition) [2020/06/18]
計算式の代わりに、スクリプトファイルを指定して実行できるようになりました。また、最新版のVnano標準プラグインの各機能が利用可能になりました。なお、読み込むライブラリやプラグインの指定方法を変更しました(このバージョン以降では、lib/VnanoLibraryList.txt および plugin/VnanoPluginList.txt 内で指定します)。   » このバージョンのソースコード
※ コンパイルターゲットを保守的に設定するのを忘れていたファイル(plugin/ExamplePlugin)があったため、Java 14 環境のみでしか動作しなかったのを、再設定してビルドしなおしました(Ver. 0.2.4 B)。
[Latest] Ver. 0.2.4 (Beta 4) with Vnano 0.2.8 / English Edition [2020/06/18]
Execution of a script file specified in "INPUT" text area has been supported. In addition, all features of the latest version of Vnano Standard Plug-ins are now available. Also, how to specify libraries/plugins were changed (after this version, specify them in lib/VnanoLibraryList.txt and plugin/VnanoPluginList.txt).   » Source code of this version
[最新版] Ver. 0.2.4 (Beta 4) with Vnano 0.2.8 / 日本語版 (Japanese Edition) [2020/06/18]
計算式の代わりに、スクリプトファイルを指定して実行できるようになりました。また、最新版のVnano標準プラグインの各機能が利用可能になりました。なお、読み込むライブラリやプラグインの指定方法を変更しました(このバージョン以降では、lib/VnanoLibraryList.txt および plugin/VnanoPluginList.txt 内で指定します)。   » このバージョンのソースコード
[Latest] Ver. 0.2.4 (Beta 4) with Vnano 0.2.8 / English Edition [2020/06/18]
Execution of a script file specified in "INPUT" text area has been supported. In addition, all features of the latest version of Vnano Standard Plug-ins are now available. Also, how to specify libraries/plugins were changed (after this version, specify them in lib/VnanoLibraryList.txt and plugin/VnanoPluginList.txt).   » Source code of this version
Ver. 0.2.2 (Beta 2) with Vnano 0.2.6 / 日本語版 (Japanese Edition) [2020/04/26]
スクリプトエンジンを Vnano 0.2.6 にアップデートしました。   » このバージョンのソースコード
Ver. 0.2.2 (Beta 2) with Vnano 0.2.6 / English Edition [2020/04/26]
The script engine has been updated to the Vnano 0.2.6.   » Source code of this version
Ver. 0.2.2 (Beta 2) with Vnano 0.2.4 / 日本語版 (Japanese Edition) [2020/01/14]
スクリプトエンジンを Vnano 0.2.4 にアップデートしました。   » このバージョンのソースコード
Ver. 0.2.2 (Beta 2) with Vnano 0.2.4 / English Edition [2020/01/14]
The script engine has been updated to the Vnano 0.2.4.   » Source code of this version
Ver. 0.2.2 (Beta 2) with Vnano 0.2.2 / 日本語版 (Japanese Edition) [2019/12/11]
例外発生時にスタックトレースを出力するかどうかを、Setting.vnano 内で選択可能になりました。併せて、いくつかのエラーメッセージの表示周りの改善を行いました。   » このバージョンのソースコード
Ver. 0.2.2 (Beta 2) with Vnano 0.2.2 / English Edition [2019/12/11]
The printing of stack traces have made optional (can be enabled/disabled in "Setting.vnano"). In addition, displaying of some error messages have been improved.   » Source code of this version
Ver. 0.2.0 (Beta 0) / 日本語版 (Japanese Edition) [2019/10/06]
逆三角関数が利用可能になりました。また、計算結果の書式を改善しました(小数点以下の末尾に冗長に連続するゼロの削除など)。   » このバージョンのソースコード
Ver. 0.2.0 (Beta 0) / English Edition [2019/10/06]
Inverse trigonometric functions are now available. Also, the format of the calculation result has been improved (e.g. removing zeros in the tail of the fraction part).   » Source code of this version
Ver. ADV-20190922-X0-JA / 日本語版 (Japanese Edition) [2019/09/22]
数学/統計処理関連の組み込み関数、およびキャスト演算子が利用可能になりました。また、プラグイン読み込み等のいくつかの不具合が修正されました。   » このバージョンのソースコード
Ver. ADV-20190922-X0-EN / English Edition [2019/09/22]
Mathematical & Statistical built-in functions, and cast operators are now available. Also, some bugs have been fixed (e.g. on plug-in loadings).   » Source code of this version
Ver. ADV-20190615-X0B-JA / 日本語版 (Japanese Edition) [2019/08/04]
JREの導入処理を行っているバッチファイル(JRE_Downloader.bat)を更新しました。   » このバージョンのソースコード
Ver. ADV-20190615-X0B-EN / English Edition [2019/08/04]
Updated the batch file for downloading JRE (JRE_Downloader.bat).   » Source code of this version
Ver. ADV-20190615-X0-JA / 日本語版 (Japanese Edition) [2019/06/15]
デバッグ用に、中間コードや抽象構文木(AST)などをダンプするオプションをサポートしました。設定スクリプト「 Setting.vnano 」内で有効化できます。   » このバージョンのソースコード
Ver. ADV-20190615-X0-EN / English Edition [2019/06/15]
New options to dump intermediate code, abstract syntax trees (AST), etc. have been implemented for debugging. You can enable them in the setting script "Setting.vnano".   » Source code of this version
Ver. ADV-20190507-X0-JA / 日本語版 (Japanese Edition) [2019/05/07]
計算式やスクリプトの実行でエラーになると、その後は計算リクエストが却下されるバグを修正しました。   » このバージョンのソースコード
Ver. ADV-20190507-X0-EN / English Edition [2019/05/07]
Fixed a bug that requests for calculations will be declined after when a syntax error is detected.   » Source code of this version
Ver. ADV-20190506-X0B-JA / 日本語版 (Japanese Edition) [2019/05/06]
同梱の設定ファイル内のロケール設定を「AUTO」から「ja-JP」(日本語)に訂正しました。   » このバージョンのソースコード
Ver. ADV-20190506-X0B-EN / English Edition [2019/05/06]
Fixed the locale setting from "AUTO" to "en-US" (English) in the bundled setting file.   » Source code of this version
Ver. ADV-20190506-X0A-JA / 日本語版 (Japanese Edition) [2019/05/06]
Java®で組み込み関数を実装可能なプラグイン機能や、「lib」フォルダ内のライブラリの自動読み込み機能などを実装しました。   » このバージョンのソースコード
Ver. ADV-20190506-X0A-EN / English Edition [2019/05/06]
The "plug-in" feature which enables to implement functions/variables in Java®, and the automatic loading of libraries from "lib" folder, are now available.   » Source code of this version
Ver. ADV-20190428-X0-JA / 日本語版 (Japanese Edition) [2019/04/28]
CUIモードのコマンド名を、「 rinpron 」から「 rinpn 」に変更しました。   » このバージョンのソースコード
Ver. ADV-20190428-X0-EN / English Edition [2019/04/28]
The name of the command of the CUI mode was changed to "rinpn" from "rinpron".   » Source code of this version
Ver. ADV-20190426-X0-JA / 日本語版 (Japanese Edition) [2019/04/26]
試作実装から離れて、本番実装に移行したバージョンです。新たにコマンドラインで使えるCUIモードなどを実装しました。   » このバージョンのソースコード
Ver. ADV-20190426-X0-EN / English Edition [2019/04/26]
A reimplemented version which is migrated from the prototype. A new feature "CUI mode" is now available.   » Source code of this version
Ver. ADV-20190414-X0-JA / 日本語版 (Japanese Edition) [2019/04/14]
「シンプルでコンパクトなプログラム関数電卓」というコンセプトをとりあえず具現化してみて、使い勝手などを検証するための試作実装です。   » このバージョンのソースコード
Ver. ADV-20190414-X0-EN / English Edition [2019/04/14]
A prototype implementation to check usability of the concept "a simple & compact programmable function calculator".   » Source code of this version